1. ソナタでスッキリ|睡眠導入剤で不眠を解決   >  
  2. ソナタは抗不安薬

ソナタは抗不安薬

抗不安薬としてソナタの評判が高まったのは、2016年に「デパス」という薬の個人輸入が禁止になってからです。
“万能薬”と言われるほどの人気を集めていたデパス。抗うつ作用や抗不安作用、睡眠導入作用に優れ、多くの人に活用されてきましたが、筋弛緩作用によるふらつきや注意力の低下という副作用が心配されていました。そして依存や乱用の危険が懸念され、個人では入手できなくなったのです。

不安障害やうつ病などの症状に気づいたら、精神科を受診してみるという人もいるでしょう。その際に、医師の判断があれば処方薬としてデパスやほかの向精神薬、抗不安薬などの医薬品を出されるはずです。

ですが、精神科へ行くことがためらわれる人やもっと手軽に抗不安薬を使いたい人も多くいます。そこで、代わりに広まったのがソナタなのです。
脳内で不足しているGABAの働きをザレプロンによって増強し、脳の不安・興奮状態を抑制。神経鎮静作用もあるので、筋肉の緊張もほぐしてくれます。
ソナタはデパスのような鎮静作用を持ちながら副作用の心配が少ないので、より安心して使えるというメリットも。

「緊張から人前に出ると過剰にドキドキしてうまく行動できなくなってしまう」
「大切な行事前なのに不安で仕方がない」
など、自分の感情がうまく扱えずに仕事や学校などの日常生活に支障をきたしているのなら、薬でコントロールするのは有効な手段です。

自分ではどうすることもできない不安や落ち込んだ気持ちを抱えるのが辛くなったときは、抗不安薬としてソナタを試してみては。ニュートラルな精神状態を維持できれば、苦しい毎日を平穏な一日一日に変えていくことができるでしょう。